お客様邸ギャラリー

弊社にて時代家具をご購入頂きましたお客様、
また新築/リフォームのお手伝いをさせて頂きましたお客様をご紹介致します。

とっておきの場所にアンティークガラス戸を

既存の襖戸から大正浪漫色ガラス戸へ!!

コンセプト

とっておきの場所に限定して大正浪漫色ガラス戸を既存の扉と入れ替えをされたお客様邸をご紹介致します。
私たちは普段お客様より下記のご相談を頂きます。
『全面的に建具のアンティークへの変更は大変そう、少しづつ好きな建具に時間をかけて変えていきたい』です。
今回ご紹介させて頂くお客様邸はそのようなご相談を頂く方々へ素晴らしい実例となる成功例です。
私たちも大変いろいろと勉強させて頂きましたとても大切なお客様邸です。

下記に今回の目立ちませんが特徴的な素晴らしい点をご紹介致します。

敷居側は通常の溝が彫られておりましたが、それをそのまま利用してVレールを埋め込みました。

通常敷居には溝がありますのでそのままVレール仕様に変更していくことは難しいことです。これまでの可動で溝が完全に平らではなくVレールの施工もままならないからです。
お客様邸の状況は全て同じではなく、これまでもご活用頂く道を探り解決策を導いてきた経験が今回も生きた形です。

大掛かりな修正工事なしにV戸車を使用しより軽く動かせる環境を整えることが出来ました。

リフォーム前後の画像を是非ご覧ください。

職人から

普段からお客様に様々ご相談頂くことが多い建具の施工について、特に可動について対処することがポイントでした。
敷居部分を大きく作り直すことはコスト面でも、時間的にもご負担となります。
何とかスムーズに施工することは出来ないかと考え、既存の敷居を活用する方法を模索し選択致しました。
襖戸よりは重くなる総欅色ガラス戸ですので
普段のご使用のストレスにならない為にV戸車仕様は必須でした。
使用されてきた敷居を生かす為の問題点をクリアして収めることが出来ましたのでとても充実感があります。

これからもどのようなご相談にも、お答えできるように工房職人皆で対応していきたいと思っております。