staffimg

感性と合理性の中道。

河野 翼/木工班

ボロボロであればあるほど、燃えてくる。

仕入れられた箪笥のうち「特にすごい状態のもの」が自分のところにまわって くるという河野。「そっちのほうが好きです。もうどうしようもなさそうな、 今にも土に還そうな状態のもののほうが、やりがいがあります」と嬉しそうに 語ります。(しかし実際には、仕入れの段階で良いものが選ばれているので、 手の施しようがないものには残念ながら出会えないようですが…)

製材を営む家に生まれ、子供の頃から自然と調和した暮らしを感じてきた。「 子供の頃は、どんな家が心地よいか気分でわかるだけだったけど、この仕事を するようになって、それが理屈でもわかるようになりましたね」と話す。右下 :河野は工房一のきれい好き。愛用の道具もきちんと並べられている。

古福庵は、感性をものさしに変える入り口。

「語弊があるかもしれないけど、木工は誰でもできるんですよ。ただ、面倒だ と思うことをサボっちゃうか、ここはしっかりやんなきゃと思うか、その違い があるだけです」。はっきりとした口調できっぱりと断言をします。「当たり 前のことを当たり前にできるかどうかなんです」。ひたすら真摯に箪笥と向き 合ってきた河野。「なんとなく気になっている方にこそ、お店に来て欲しい。 古福庵は入り口です。ものさしが、きっと出来てきます」とメッセージを送り ます。

代表から一言

河野君は非常に丁寧に段取りを付け、流れ良く仕事を進めていくことの出来る人です。
とてもスマートな印象を受けますが、それに加えて最も良い作業は何かと熱心に検討している情熱的な一面も持ち合わせています。
すらっと背の高く箪笥に向き合う姿勢が絵になる河野君です。

代表取締役 高木栄作
河野 翼

河野 翼木工班

河野 翼 のブログ記事へ

私たちを通してお客様の元へとどく商品ではありますが、全ての物には一番初めに作った職人さんがいます。昔の職人さんの心意気を感じてみてください。

スタッフ一覧へ戻る