• 英語サイト
  • ご利用ガイド
  • マイページ
  • カートを見る

スタッフ紹介

staffimg

蘇生させている感じが好き

「人知れず朽ち果てゆくはずの運命のものを蘇生させている感じが好き」と表現する山田。静かに時代家具と向き合うその姿は、確かに、ゆっくりと息を吹き返させているようにも見えます。 「骨董はロマンを売るだけでも商売は成り立つけれども、そうではなく、時代を引き継ぐことを生業としているつもりです。だから、買いたくなる商品に仕上げたい」

まるで昔話をするかのように淡々と、しかし途切れることなく動く手元。

謙虚にならずにはいられない

その手で、時代家具が息を吹き返していきます。

仕事に対する思いを聞くと、「箪笥や建具を目の前にしたとき、それらが生きてきた時間に思いを馳せると謙虚にならずにはいられない」と言います。新品で迎えられた時の主人の高揚感、誰の目にも留まらなくなったときの虚無感。そういった時代家具の感情に共感する豊かな感受性が、謙虚な姿勢と静かな情熱を生んでいるのでしょう。 駆け足で進む時間の中で、それに流されることなく冷静に丁寧に。時代を引き継ぐべく、今日もゆっくりと進みます。

代表から一言

段取りを決めたら淡々と冷静にベタ凪の海のように仕事を進めていく人です。 流れよく丁寧に仕事を進めていくことが職人としてのポリシーにあるのだと思います。 実際に話をすると饒舌で自然な笑顔の絶えない優しい人柄です。

Profile

山田 武
名前
山田 武
ポジション
塗装班

和の時代家具をこれだけの質と量で常設しているのは日本で、いや世界で古福庵だけだと自負しています。

スタッフ一覧へ戻る

古物取扱許可番号 東京都公安委員会許可 第308819904455 Copyright©KOFUKUAN All Rights Reserved.