staffimg

私の前に来てくれた、たったひとつの家具を、たったひとり、たった一組のお
客様とつなぐ仕事。

小林 美奈/木工班

ただ手を動かすだけで。

これから商品になる、お店に納品する箪笥や建具を修繕する小林。ガラスも多 く担当します。強化ガラスなどではない繊細な骨董家具のガラスは、薄いもの で1.5mmほどしかなく非常に丁寧な扱いが要求される仕事。ガラス側も小林に 扱ってもらって胸を撫で下ろしているに違いありません。「綺麗なもの、複雑 でおもしろいものが、甦る。ただ手を動かすだけでも楽しい」と、にこやかに 笑います。

全てが直せるわけではなく、割れてしまった曲線のガラスなど、なかにはもう 作れず修繕不可能なものも。それでも他スタッフと「何ができるのか」を話し 、最終的には最善の形にしていく。仕事はその繰り返し、だという。

アンティークでしか感じられない、人の温かみ。

「私たちが出会うものは、いつも違うもの。そして、縁があって私の前に来て くれたもの。それをたった一人のお客様とつなぐ仕事をしています。だから、 お客様が欲しいと思えるものに仕上げたい。最終的にお客様に喜んでいただけ たとき、本当に良い仕事をさせてもらっていると感じます」。一部のスタッフ から「誰よりも男らしい」と形容される小林。しかしその笑顔は、柔らかさと 愛情と、優しさに満ち溢れていました。

代表から一言

小林美奈さんは女性らしいとても丁寧な仕事をしてくれる人です。
男勝りな雰囲気も見せているようですが、実際は非常に気配りの出来る素晴らしい個性の持ち主です。弊社の担当者で女性がご希望の際には是非声を掛けてください。最後までしっかりと纏めてくれる強い情熱も持っています。

代表取締役 高木栄作
小林 美奈

小林 美奈木工班

小林 美奈 のブログ記事へ

骨董家具を毎日直していると、昔の職人さんの技術の高さに圧倒されることばかりです。どれだけの手間と時間をかけてこの細工や仕口を手工具で作ったのだろうかなどと考えながら作業していると、教わることばかりで、本当に素晴らしいなぁと思います。

スタッフ一覧へ戻る