staffimg

古福庵は、自分の夢も体現している場所。

佐藤 武則/木工班

箪笥一筋。

かつては建具屋さんで働いていた佐藤。しかし、実はずっと箪笥への想いを抱 えていたのだとか。今は箪笥一筋、箪笥相手に存分に腕を振るっています。抽 斗や敷居の調整はもちろん、ものによってはサイズを変更したり、状態の悪い 場合はテレビ台に作り替えたりなど、大幅な改修も担当。「今建具やれって言 われても出来ないね。箪笥がいい」と箪笥への入れ込みようを語ります。

「お客様にとって使いやすくなければ、いくら綺麗でも意味がない」が佐藤の 哲学。右上:「今までなかったのが不思議なくらい便利」な副尺付き鎌毛引き 100mmを愛用。右下:師匠の引退時、何が欲しい?と聞かれ全部もらったとい う向待鑿(のみ)。建具スペシャリストの間では有名だが、売っているところ はほとんどないというレアもの。

最後の足掻きが、運命の出会いを引き寄せた。

アンティーク家具(箪笥)をずっと仕事にしたかったにも関わらず職が見つか らず、一度は夢を諦めかけたこともあったという佐藤。しかし何とか足掻いて みようと踏ん張ったところ、古福庵の求人を発見。世の中そんなうまく出来て るはずがないと思いつつ応募し、今に至ります。当時を振り返り、「こんなこ ともあるのかと。天職だと思います。夢が叶った」と笑います。「住む人がい なくなった家や、放置された家具を見て、誰か引き取って直して売ればいいの にとずっと思ってた。古福庵はそれもやってた。もうね、理想の場所です」

代表から一言

佐藤さんは大変経験豊富なベテランですが、仕事に熱い情熱を持っており周りにとても良い影響を与えてくれます。
会社に江戸時代等の大変稀少な箪笥等が入荷した時に、最も喜んでくれる気さくな人柄の持ち主です。
常に情熱を前面に押し出しいく骨董大好きな人です。

代表取締役 高木栄作
佐藤 武則

佐藤 武則木工班

佐藤 武則 のブログ記事へ

昔の家具は現在では幾らお金を出しても手に入らないような良材で作られているので、100年200年経ても輝きを失いません。その家具を普段使いできる位に直すのが私の仕事だと思っています。

スタッフ一覧へ戻る